ファンデーションの塗り方

パウダーファンデーションで粉吹きする原因は?対処法は何かある?

投稿日:

 

パウダーファンデーションを使っていると粉吹きしてしまって、メイク直しもうまくいかない…とお悩みの女性は多いようです。
朝しっかりとメイクをしても、肌が粉っぽくなってしまうのには、理由があります。
ここではそのパウダーファンデーションの粉吹きの理由と、対処法をご紹介します!

ファンデーションの粉吹き…どうして起こる?その理由

パウダーファンデーションを使うと粉吹きしてしまう理由は様々なものがあります。
粉吹きをなくすには、自分がどの理由に当てはまるのか確認する必要があるので、まずその理由を把握して対処していきましょう。

乾燥肌

肌が元々乾燥肌だと、ファンデーションの粉吹きが起こりやすくなります。
乾燥肌は肌の生まれ変わりがスムーズにいかないことが多く、肌表面にいらない角質がたまって肌感触がゴワゴワしがちです。
肌表面がごわついていると、肌の皮も向けやすくファンデーションが密着しないので化粧のノリも悪くなるので、特にパウダーファンデーションは粉吹きしやすくなります。

スキンケア不足

毎日のスキンケアで、保湿のお手入れが不足していると肌が乾燥してファンデーションが粉吹きしてしまいます。
毎日忙しいと、スキンケアは適当になってしまいがちです。
しかし、お手入れ不足の肌はすぐに乾燥し、肌荒れしてしまいます。
そうするとファンデーションをはじめ、メイクのノリは悪くなり化粧直しも難しいくらいに乾燥が進んでしまうのです。

ファンデーションが肌に合っていない

乾燥肌の人は、パウダーファンデーションを使うと粉吹きしやすくなります。
まずは自分の肌が乾燥肌なのか普通肌なのか、敏感肌なのかということを確認し、そこからファンデーションを選ぶようにします。
自分の肌質に合ったファンデーションを使うことで、粉吹きを防ぐことができますので、一度見直してみるといいでしょう。

ファンデーションの粉吹きの対処法

パウダーファンデーションの粉吹きを何とかするには、いくつか対処法があります。
対処法をマスターして、美しい仕上がりのベースメイクを楽しんでくださいね。

丁寧なスキンケア

肌のお手入れは、毎日丁寧に行いましょう。
きちんと保湿をしてあげないと、肌はどんどん乾燥してしまいます。
一度乾燥肌になってしまうと、潤った状態の健康的な肌になるまでも長いですし、そこからその肌状態を維持させるのも難しくなります。
乾燥してしまうと肌のキメも乱れてスキンケア成分が肌内部に入り込みにくくなってしまいます。

朝は化粧水、乳液、日焼け止めのお手入れ、夜は化粧水、乳液、クリームの基本のお手入れをしっかりと行い、肌悩みに応じて美容液を取り入れてください。
シートマスクなどもいいですね。
毎日のコツコツとしたスキンケアが美肌を作ります。
潤った肌になればファンデーションの粉吹きで悩むこともなくなるでしょう。

メイク直しでの保湿

毎日のスキンケアはもちろん、メイク直しでの保湿も大事なポイント。
乾燥でファンデーションが粉吹きしている場合は、ファンデーションを重ねて塗ってもきれいには仕上がりません。
保湿スプレーでこまめに保湿することはもちろん、保湿のケアをしながらきれいにメイク直しをする方法があります。

まずメイク直しをするときにコットンに乳液をとり、目から下をすべて拭っていきます。
そうすることで保湿とメイク落としの両方ができるので、一からきれいにメイクをやり直すことができます。
時間があるときにしかできませんので、きれいに直したい、保湿もしっかりと行いたいという人は余裕をもってメイク直しをするのがおすすめです。

ファンデーションを変える

パウダーファンデーションで粉吹きをする場合、一番手っ取り早いのはファンデーションをパウダータイプからリキッドやクリームタイプ、エマルジョンタイプに変えることです。
特に保湿成分が配合になったリキッドファンデーションやクリーム、エマルジョンファンデーションに変えるといいでしょう。
メイクしながらスキンケア効果を期待できます。
パウダーファンデーションがどうしても使いたい、という場合は、毎日のスキンケアでしっかりと保湿をし、保湿効果の高い化粧下地を丁寧に伸ばしてから使うようにします。

また、保湿効果の高い化粧下地でも粉吹きする場合には「水あり、なし両用」と記載のあるパウダーファンデーションに切り替えて「水あり」で使ってみてください。
「水あり」の使い方は、パウダーファンデーションのスポンジを水にぬらし、固く絞ってファンデーションを肌に伸ばしてつけていきます。
慣れるまでは難しいかもしれませんが、肌に密着してきれいに仕上がります。

肌をこすらない

クレンジングや洗顔、化粧水をつける時のコットンでの摩擦やマッサージなどのお手入れの時、花粉症で目がかゆいなど意識していなくても肌をこすってしまうということはたくさんあります。
ポイントメイク時に目周りをこすってしまう、メイクの落ちが悪くて洗顔時に肌をこすってしまう、タオルでゴシゴシと水分をふき取る、化粧水や乳液をつける時に、肌にしっかり浸透させようとしてコットンでゴシゴシしてしまうなど、自分でも思いもよらない時に肌をこすっているので、スキンケアの時に意識してみてください。

ベースメイクをするときに肌をこすってしまうこともあります。肌に触れる時には優しく、を心がけてくださいね。

保湿のケアで、粉吹き解消

パウダーファンデーションを使うと粉吹きするという人の多くは、肌の乾燥が原因のことが多いので、毎日のスキンケアやメイク直し時の保湿を徹底して行いましょう。
また、ファンデーションをパウダータイプからリキッドやクリーム、エマルジョンタイプに切り替えることも大切です。
肌に合うファンデーションで、美肌メイクを楽しみましょう。

-ファンデーションの塗り方
-, ,

Copyright© 今売れてる40代におすすめの美容液ファンデーションランキング。人気はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.