ファンデーションの塗り方

ファンデーションが浮くのはなぜ?原因は何なの?

投稿日:

 

ファンデーションを塗った時に肌にファンデーションが馴染んでいないと感じたことはありませんか?

それはファンデーションが浮いている状態です。

浮いてしまう原因は色味が合っていない、肌が荒れている、上手に塗れていない、ファンデーション自体の質が悪い、などの原因があげられます。

今回はファンデーションが浮いて見えてしまう原因やその対処法などを詳しくお話しします。

ファンデーションが浮くとはどういう状態?

ファンデーションが浮くというのは様々な理由でファンデーションが肌に馴染んでいないため、顔が自然に見えない状態のことをいいます。

ファンデーションとは肌の不完全な部分を均一に見せるのが目的で使われます。

例えばシミやにきびを隠したりすることができますよね。

うまく塗ればシミやニキビなどがないもののように自然できれいな肌に見えますが、使い方を間違えてしまうと逆に顔だけ浮いて不自然に仕上がってしまいます。

どうしてファンデーションが浮いて見えるの?

ではここからファンデーションが浮いて見える原因を詳しく見ていきましょう。

ファンデーションがうまく馴染まないと悩んでいるあなたは次のどれかに当てはまっていませんか?

ファンデーションの色が合っていない

ファンデーションを塗る上で一番大切なのは「色が自分の肌に合っているか」ということです。

最も自然に仕上がるのは全身を見た時に顔とその他の部分が自然に見える色味です。

よくあごにファンデーションを塗って馴染む色を選ぶことがありますが、それは間違っています。

なぜかというと、顔はみんな日焼け止めを塗っているので首やデコルテよりも白いことが多いのです。

ですので、顔のどこかに合わせて色を選んでしまうとどうしても顔だけが浮いた色味になってしまいます。

また、日本では長年美白が流行しています。

肌が白いほど美しいとされていますよね。

そのため自然に仕上がる色味よりも白い色味を使用している人が多いです。

顔だけ見れば白くきれいかもしれませんが、離れて見てみたり、太陽光の下で見ると、顔だけが白く浮いてしまいます。

肌が荒れている

ファンデーションが浮いてしまう理由の一つに肌荒れがあります。

肌が極端に乾燥していたり、油分の分泌が多いとファンデーションはうまく馴染みません。

結果浮いて見えてしまいます。

ファンデーション自体の質がよくない

世の中には数えられないほどのファンデーションが売られていますよね。

安いものから高価なものまで様々です。

中には質のよくないファンデーションも多く存在します。

その場合は、色味が合っていてきれいに塗ったとしても、肌との馴染みが悪かったりすぐに崩れてしまう、などの問題が発生します。

ファンデーションが浮かないためにはどうすればいいの?

ファンデーションが浮かないためには次のようなことに気をつけてみましょう。

出来るだけ自分の肌に近い色味のファンデーションを探す

先ほど説明をしたように自然に仕上がるファンデーションの色味を選ぶのは大切です。

まずは自分の首やデコルテに合わせて色味を選んでみましょう。

そうすることでデコルテから顔にかけて同じ色になるので全体を見た時に自然に見えます。

もし自分の好きな化粧品ブランドがあるとしても、そこにあなたにぴったりの色味にファンデーションがあるとは限りません。

ファンデーションはブランドごとに様々な色味展開があります。

その中からあなたにぴったり合う色を見つけないといけません。

一つのブランドに合う色がなければ他のブランドも試してみましょう。

時には2色のファンデーションを混ぜる必要もあります。

また、色彩感覚は人それぞれです。

他人が同じ色に見えても自分にはそう見えないこともあります。

また照明の関係によっても色が違って見えたりします。

美容部員の方の目が確実とも言えません。

なので、ファンデーションを選ぶ時は近そうな色味を何色か首やデコルテに塗って太陽光が当たる場所で色味をチェックしてください。

そうすれば自分に一番ぴったりの色味が見つけられるはずです。

今までより黒いファンデーションを使う場合のアドバイス

今まで使っていたよりも暗い色味のファンデーションを塗ったときに、もしかしたら「黒すぎる」と抵抗を持ってしまうかもしれません。

当然明るい色のファンデーションに慣れていると、暗い色では顔色が悪く見えてしまうかもしれません。

特に色黒に方はそのように感じやすいと思います。

そんなときは明るい色のコンシーラーをファンデーションの上から使ってください。

顔の中で高く広く見せたいところに明るい色のコンシーラーを使うことで、顔色は明るくなりメリハリのある立体的な顔に見せてくれます。

例えば、おでこ、眉周辺、目の下、ほうれい線、あご、などです。

コンシーラー兼ハイライトとして使う感じです。

より自然に見せたい人はコンシーラーの代わりに明るい色のファンデーションもおすすめです。

首やデコルテにマッチするファンデーションとそれよりも明るい色のファンデーション2色を使います。

まずは肌にマッチする色を塗って、上から明るく見せたいところに明るい色のファンデーションを重ねましょう。

この場合手だけでうまく仕上げるのは少し難しいので、スポンジやファンデーションブラシで2色の色をブレンドしてください。

肌が荒れている場合はまずそれを解決する

肌荒れがひどい人はまずは元の肌改善を頑張ってみましょう。

乾燥がひどい方はしっかり保湿をしてください。

乾燥気味の人には油分を多く含むクリームタイプやリキッドタイプのファンデーションがオススメです。

保湿や下地クリームなども十分保湿できるものを使ってみましょう。

その逆に油分が多い方はオイルフリーでベタつかないものを使うといいです。

オイリー肌の人にオススメのファンデーションはパウダーや軽い付け心地のリキッドファンデーションなどです。

質のいい自分に合うファンデーションを見つける

どれだけうまく塗っても質のよくないファンデーションでは肌に馴染まないことがあります。

質のいいファンデーションと悪いファンデーションは同じように塗っても仕上がりは全然違います。

理想は簡単に塗れて自然に仕上がるファンデーションです。

そんなに苦労をしなくても簡単にきれいに仕上がるファンデーションはたくさんありますのですぐに見つけられますよ。

今使っているものが「いまいちだな」と思う場合は違うものに変えてみてください。

まとめ

今回はどうしてファンデーションが浮いてしまうのかについて詳しくお話ししました。

一番の理由はファンデーションの色味が白すぎることです。

他にも、肌が荒れていたり、ファンデーション自体の質がよくない場合にも浮いてしまうことがあります。

まずは首やデコルテに太陽光の下でマッチしている色味を見つけましょう。

顔に塗って暗いと感じる方は明るい色のコンシーラーやファンデーションを明るく見せたいところに重ねてください。

また、整った肌もファンデーションのノリには重要です。

肌トラブルがある方は肌状態をよくすることもがんばってみましょう。

色味も合っていて肌にも問題がない場合はファンデーション自体がよくない可能性もあります。

その場合は他のものを試してみましょう。

必ず自分の肌色や肌質に合うファンデーションがあるはずですよ。

-ファンデーションの塗り方
-, ,

Copyright© 今売れてる40代におすすめの美容液ファンデーションランキング。人気はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.