ファンデーションの選び方

ファンデーションの選び方のコツとは?肌タイプ別に解説します

更新日:

 

たくさんあるファンデーションの中から、あなたにぴったりのファンデーションはどうやって選べばいいのでしょうか?

ファンデーションにはクリームやリキッドやパウダーなどいろいろな種類がありますよね。

「リキッドがいい!」や「パウダーがいい!」など意見は人それぞれですよね。

ファンデーションは様々な肌質の人が使いやすいように、いろいろな種類が売られているんです。

ですので、自分の肌タイプに合うファンデーションの種類を選ぶことで、より自然に美しくファンデーションを仕上げることができます。

逆に自分に合わないファンデーションを選ぶことで、崩れやすかったり、きれいに仕上がらなかったり、ということにつながったりします。

今回はファンデーションの選び方のコツについて、肌タイプ別に解説をしていきます。

どのような肌タイプにどのようなファンデーションが向いているのか、またこの肌タイプにこのファンデーションは向かない、など詳しくお話ししていきます。

ファンデーションの種類紹介

まずファンデーションにはどのような種類があるのかを簡単に紹介します。

ファンデーションには次のようなものがあります。

ルースパウダーファンデーション(ミネラルファンデーションも含む)

ルースパウダーファンデーションとは粉末状のパウダーファンデーションです。

カブキブラシ付きで売られていることが多く、コンパクトに入ったパウダーファンデーションよりも自然に仕上がるのが特長です。

プレスドパウダーファンデーション(コンパクトに入ったパウダーファンデーション)

プレストパウダーファンデーションはコンパクトに入ったタイプのパウダーファンデーションです。

持ち運びに便利なタイプのパウダーファンデーションです。

ムースファンデーション

ムースファンデーションはムース状になったファンデーションです。

薄づきなものが多く、手だけで簡単に塗れるタイプのファンデーションです。

セラムファンデーション

セラムファンデーションは美容成分が多く入った美容液のようなテクスチャーのファンデーションです。

水/ウォーターファンデーション

水ファンデーションはオイルフリーの液体ファンデーションです。

油分が入っていないので、さらりとした使用心地で、化粧水感覚でつけれるファンデーションです。

リキッドファンデーション

ファンデーションの中でもとくに人気が高いのがリキッドファンデーションです。

リキッドファンデーションは保湿が高いものからオイルフリーのものまで様々な種類が発売されています。

仕上がりも薄づきからカバー力が高いものまでいろいろとあります。

クリームファンデーション(コンパクトに入ったものやスティックタイプも含む)

クリームファンデーションはジャーに入ったトロッとしたものや、コンパクトやスティック状になった固めのものがあります。

カバー力が高く、保湿力も高いものが多いのが特長です。

ミスト/スプレーファンデーション(エアブラシを含む)

スプレー状になったファンデーションやエラブラシファンデーションは最も細かい粒子になったファンデーションで、高いカバー力と美しい仕上がりが特長です。

結婚式など特別な場合に使用されることが多いファンデーションです。

クッションファンデーション

韓国コスメから人気が出たクッションファンデーションは化粧直しがしやすいファンデーションとして発売されたファンデーションです。

ツヤ感が出るものが多く、ナチュラルで自然な仕上がりになるものが多いです。

このように種類の豊富なファンデーションの中からあなたの肌タイプに合うものはどれなのでしょうか?

肌タイプ別ファンデーションの選び方のコツ

では、ここから肌タイプ別ファンデーションの選び方のコツを紹介していきます。

今回は大まかに乾燥肌、普通肌、オイリー肌、敏感肌、に分けて説明します。

普通〜乾燥、また、普通〜オイリー、の混合肌の人もおられるかとおもいます。

その場合はよりどちらに近いか?肌タイプの説明のところを参考に選んでみてください。

乾燥肌タイプ

皮脂の分泌が極端に少ない乾燥肌の人は年中通して乾燥しやすいお肌です。

顔を見てみると毛穴はほぼ見えないほど小さいです。

普通の保湿クリームではすぐに乾燥をしてしまうのでクリーム探しに苦労している人が乾燥肌タイプです。

にきびはできにくく、色白の人に多い肌タイプとされています。

乾燥肌に向いているファンデーション

乾燥肌の人には一番保湿力の高いクリームファンデーションが向いています。

クリームファンデーションの中でも、軽い付け心地のものから重いこってりとしたものまであります。

乾燥がひどい人ほど、より濃厚な油分の多いファンデーションを使うことで、1日保湿されたお肌を維持することができます。

また、リキッドファンデーションやセラムファンデーションでも保湿力が高いものであれば使えます。

ただし、クリームよりも保湿力は劣るので、その分しっかりとベースのお肌を保湿しての使用がおすすめです。

乾燥肌に向かないファンデーション

乾燥肌に向かないのはルースパウダーやパウダーファンデーション、そしてオイルフリーのリキッドファンデーションや水ファンデーションなどです。

これらの油分をほとんど含まないファンデーションは軽い付け心地で保湿力が弱いので、乾燥肌には向きません。

粉っぽい仕上がりになってしまう可能性があります。

普通肌タイプ

多くの人はこの普通肌タイプに属します。

季節によって乾燥したり、テカったり、などはあるかと思いますが、基本的にトラブルが少なく整ったお肌です。

毛穴は顔の中心部分に少し目立つくらいの大きさの人が普通肌タイプです。

普通肌に向いているファンデーション

普通肌タイプのあなたはラッキーです。

どんなファンデーションでもオールマイティに使えるのがこの肌タイプの人です。

季節のお肌のコンディションに合わせて、その時自分が使いやすいものを選んで使うといいです。

例えば夏はパウダーファンデーションを使って、冬はリキッドを使う、などです。

オイリー肌タイプ

朝洗顔をして、午前中の間に顔がテカテカになってしまう人はオイリー肌の人です。

顔全体に毛穴が確認できます。

比較的ニキビができやすい肌タイプです。

ニキビ肌という肌タイプも存在しますが、おすすめのファンデーションはオイリー肌とおなじなので、オイリー肌タイプのおすすめを参考にしてみてください。

オイリー肌に向いているファンデーション

オイリー肌におすすめのファンデーションはルースパウダーファンデーション、パウダーファンデーション、水ファンデーション、リキッドファンデーション(オイルフリーのもの)、などです。

とにかく皮脂の分泌が多いので、油分の少ないファンデーションを使うことで1日メイクが崩れにくくなります。

またオイリー肌の人はベタつき感を嫌う人が多いです。

さらっとした使用心地のファンデーションがおすすめです。

ニキビ肌の人には特別ミスト/スプレーファンデーション/エアブラシファンデーションがおすすめです。

その理由は、衛生的であることと、粒子が一番細いので、にきびを隠しやすいからなんです。

エアブラシのファンデーションは難しい?と思うかもしれませんが慣れると結構簡単なので、自宅用エアブラシファンデーションはにきびに悩む方にはとてもおすすめです。

オイリー肌に向かないファンデーション

オイリー肌に向かないのは油分の配合が多いファンデーションです。

クリームファンデーションはぜひ避けてもらいたいです。

また、リキッドファンデーション、セラムファンデーション、などもものによってはかなりしっとりしたものがあります。

オイリー肌に油分が多いファンデーションを使うと、ファンデーションがすぐに崩れますし、にきびなどの原因にもなる可能性があります。

敏感肌タイプ

敏感肌はアレルギー、アトピー、ぜんそく、花粉症、などを多く持っている方です。

外的刺激に弱く、化粧品で肌がかぶれたりしやすい人が敏感肌タイプです。

敏感肌に向いているファンデーション

敏感肌の方はとくに肌荒れを起こさないのであればどの種類のファンデーションを使ってもいいです。

もし、化粧かぶれをおこすようであれば、できるだけ配合成分が少ないもの、香料が入っていないものを選ぶといいです。

化粧品によるアレルギーの主な原因は香料であることが多いです。

ですので、香料が入っていないファンデーションがいいでしょう。

配合成分が一番少ないファンデーションはルースパウダー状のミネラルファンデーションなどです。

配合成分が少ないほど肌に影響が出る成分が少ないので安心して使えます。

敏感肌に向かないファンデーション

敏感肌に向かないのは強い香料が使われているもの、配合成分がわからないもの、配合成分が多すぎるものです。

大手外資系のファンデーションは強い香料が入っているものが多いです。

特別敏感肌に向けて作られたナチュラルブランドのものを選ぶといいです。

まとめ

今回はファンデーションの選び方のコツについて肌タイプ別に紹介しました。

まず、ファンデーションには多くの種類があるのがわかりましたね。

たくさんあるファンデーションをとくに気にせず好きなものを使ってもらいたいのは普通肌タイプの方です。

乾燥肌の方は保湿力の高いクリームファンデーション、オイリー肌やニキビ肌の方には油分の少ないパウダーファンデーションなどが向いています。

敏感肌の方は香料が入っていないものがおすすめです。

今お使いのファンデーションがうまく仕上がらなかったり、すぐに崩れてしまう、肌が荒れてしまう、などの問題がある方は、自分の肌タイプをベースに合うファンデーションを選んでみてくださいね。

-ファンデーションの選び方
-, ,

Copyright© 今売れてる40代におすすめの美容液ファンデーションランキング。人気はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.